スクラッチが入ったディスクから復旧可能
データ復旧(回復・復元・修理)なら10年連続日本No1【データ復旧.com】

「お客様の声」
突撃取材レポート
お客様とのお約束
セキュリティ対策
世界最大級!!
技術交流会開催
技術交流会

USAをはじめ世界7カ国75拠点を持つ、データ復旧会社と2日間に渡る技術交流会開催。 世界トップクラスの復旧技術者も認めるデジタルデータリカバリーの技術力

»技術交流会の詳細

よく見られる
3分自己診断

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。

他社でNGと言われても諦めないでください

傷・スクラッチが入ったディスクからデータ復旧可能!

ディスクは高速回転しているので、ヘッド(データの読み込み針) がほんの少しでもディスクに触れると一瞬でディスク上に円形の 傷(スクラッチ)がつきます。 傷(スクラッチ)を避けてデータを読み取る作業は難易度が高く 手間がかかるため、対応できる復旧会社はほとんどありません。

「ハードディスクの表面に傷が入っていて復旧できません」と言われても、諦めないでください。中のデータを復旧できる可能性はまだ残っています。

ディスクの表面に傷が入ったハードディスクからのデータ復旧は非常に難易度が高く、データ復旧専門会社でも対応できないところがほとんどです。

一般のデータ復旧会社の場合、ハードディスクを開封して、ディスクの表面に傷がついていることが分かった時点で復旧不可能と判断され、データ復旧作業を試みることすらされません。

しかし、当社では、定期的に海外の最先端技術を導入し、技術力を高める取り組みを行うことで、ディスクに傷が入ってしまったハードディスクからのデータ復旧にも対応しています。

私たちにお任せください
まずはハードディスクの状況をみせてください

他社で「復旧できない」と言われた、傷(スクラッチ)が入った ディスクを診断中。 どこに傷が入っているか目視で確認します。

他社では、ディスク表面に傷(スクラッチ)が入っていることが分かった時点でデータ復旧不可能と判断されたハードディスクも、当社では傷の位置を確認し、データの読み込みを行うヘッドの動きを調整することで、傷の部分を避けてデータの抽出を行います。

傷が入っている場所によっては、どうしても復旧が難しい場合もありますが、まずは中のデータを諦めずにご相談ください。 お電話の際に、他社さんでの診断結果を分かる範囲で教えてください。

不可能は無いと信じ、
日々データ復旧方法を探求しています

不可能を可能にかえるため、自社で復旧不可能とされたものに ついて「何か復旧するための方法はないか」日々対応策を追求 しています。

当社では、どんなに復旧難易度が高くても、「1つでも多くのお客様データを復旧する」ために、現状に満足することなく常に技術力向上を目指しています。

データ復旧のご相談をいただいたお客様に大事なデータをお戻しするために、自社で復旧不可能とされたものの研究を日々行い、「復旧するための方法は何かないのか」「どんな技術が必要なのか」を考え、不可能を可能に変える取り組みを行っています。

その取り組みの1つとして、海外の技術者とネットワークを築き、各分野のスペシャリストから技術習得を行っています。習得した技術と自社保有の技術を融合させることで、数々の復旧難易度の高い案件のデータ復旧を可能にしてきました。

海外技術と、私たちデジタルデータリカバリーの技術融合によって、他社では対応できないと言われたデータも対応できる『データ復旧最後の砦』となるべく、日々取り組みを行っています。

1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『10年連続ご依頼件数業界No.1』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!