仮想マシン(VMware等)の復旧
データ復旧(回復・復元・修理)なら10年連続日本No1【データ復旧.com】

0120-706-332
0120-706-332

調査・診断費用\0仮想マシン復旧(VMware等)可能

仮想マシンとは

物理環境上では、1台のサーバーで、一つのシステムしか動かすことができないのですが、仮想化された環境を作り出すことで一台のサーバー上で複数のシステムを同時に動かすことが可能です。

特に、データセンターなど様々なシステムのデータを集約しているところで仮想化マシンが用いられています。

仮想化して複数のシステムを一台で管理することができるため物理的に必要なサーバー台数が減らせ、管理コストなど費用面でも軽減されるメリットが大きく、広く使用されるようになってきています。

なぜVMwareを用いたハードディスクは壊れやすいのか?

もともと、熱や衝撃に弱いというのがハードディスクの特徴ですが、VMwareで使用する場合、一つのハードディスクで同時にいくつものソフトウエアを動作させてデータの読み書きするために、 一般的な使用方法と比較し数倍の負荷がかかります。これに加えデータセンターなど24時間休まず稼働させるために、通常4年程度といわれるハードディスクの寿命約1/2になってしまうといいます。

仮想化された環境で使用されていたデータの復旧には、復旧技術とより難易度が高く、高度な技術と設備が必要になります

仮想環境で使用されていたデータの復旧は、まずハードディスク内のどこにどの情報が書き込まれているのか情報解析を行い、使用されていた環境がどうであったかを特定します。その情報をもとに使用されていた当時の環境を仮想的に作り出しデータの吸い出しを行います。

一言でまとめてしまえば簡単ですが、第一段階となる使用されていた仮想環境を作り上げるための解析作業は、とても複雑に絡まり合っている膨大な糸の束を一本一本辿りながら紐解いていくような作業でとても複雑です。また、後工程の大元となるため大変重要な工程となります。

その解析情報をもとにして、ご依頼頂いた機器専用のプログラムを組みあげ、その機器のデータを復旧するためのオリジナルツールを作成する必要があります。

このオリジナルツールは、一度組み上げてしまえばどれにでも使用できるというものではなく、機器ごとに異なるプログラムをくみ上げる必要があるため、データ復旧とプログラミングの両方の深い知識が必要になります。

仮に、ご依頼いただいた機器の仮想環境を作り出した段階で、セクタ情報を見た際に、配列に1つでもズレが生じていたら1つ目の解析の工程から全てやり直しを行わなくてはなりません。

データセンターなどで取り扱われている情報の量は膨大のため、知識のない人では第一段階となる解析工程に膨大な時間を要することになり、データを復旧することは愚か、第一段階の工程でお手上げになってしまうのです。

当社は、設備や海外技術の習得など設備と技術の両方に年間数億の投資を行うことでこういった仮想化されたデータの復旧を可能にしています。

直るかどうかの初期診断料金も無料です¥0

仮想環境で使用されていたデータの復旧は、まずハードディスク内のどこにどの情報が書き込まれているのか情報解析を行い、使用されていた環境がどうであったかを特定します。その情報をもとに使用されていた当時の環境を仮想的に作り出しデータの吸い出しを行います。 仮想化されたシステム上で使用されていたデータの復旧はとても複雑であり、日本でも数社しか対応できないといわれています。

また、データ復旧に対応できる場合でも、復旧できるかどうかの初期診断の段階で費用がかかる場合がありますが、当社ではVMware等を使用した仮想マシンであってもデータ復旧ができるかどうかの初期診断は一切無料で行っております。

直るかどうかと、正式なお見積り金額を見ていただいた上で、復旧のご依頼をいただけます。 もちろん、成功報酬ですのでお客様の必要なデータが戻らなければ一切費用はいただきません。

お電話 メール 24時間受付中 土日祝日も
診断 持込 復旧 納品
フリーダイヤル 0120-706-332 メールでのお問合せはこちら

まずはお問合せください。年中無休24時間受付中

0120-706-332 メールでお問合せ
1秒でも早く1つでも多くのデータを最も安全に復旧します。データ復旧.comは『10年連続ご依頼件数業界No.1』ハードディスク(HDD)、RAID、NAS、サーバーなど、幅広く対応可能。365日年中無休で営業。お電話なら当日対応可能で、概算の金額、期間をその場でご提示します!
「お客様の声」
突撃取材レポート
お客様とのお約束
セキュリティ対策
世界最大級!!
技術交流会開催
技術交流会

USAをはじめ世界7カ国75拠点を持つ、データ復旧会社と2日間に渡る技術交流会開催。 世界トップクラスの復旧技術者も認めるデジタルデータリカバリーの技術力

»技術交流会の詳細

よく見られる
3分自己診断

個人情報保護士認定ロゴ このサイトは個人情報保護士により、 管理運営を行っています。